普段風邪をひかないのに

先日何かじっとしてられないし、イライラするなあと思いながら休日を過ごしていました。

夕方家族とショッピングモールに行ったのですが、きつくてすぐ椅子に座りこみました。

すると、骨がとても痛くなって吐き気もしてきて、母親に「もう帰る」と言いました。

帰って急いでこたつの中にもぐりこみました。少し時間がたってから、母親が私のおでこをさわって「熱っぽいね。」といい、体温計を渡されました。

私は寝ながら測って、何と38度を超えていました。急いでお風呂にも入らずふとんにもぐりこみました。熱を出したのは本当に久しぶりで、母親から看病されるのがとても嬉しかったです。懐かしい気持ちになりました。

次の日、病院に行こうと考えていましたが熱も下がったので行きませんでした。

市販の薬を飲むだけでした。やっぱり、熱が出ると喉がかわくので特製ミキサーでリンゴジュースを飲みました。そのおかげで、だいぶ気分がよくなりました。

病院代もばかにならないので、市販の薬とリンゴジュースで治って良かったです。

今回の件で、母親の存在のありがたさを改めて感じました。一人だったら辛くて大変で治らなかったと思います。今度は私が母に何かあったときに看病してあげたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>