湘南沖でマグロをゲット!

ここ数年の夏場の楽しみといえばマグロ釣り! 夏になるとなんと30kgクラスのマグロが、首都圏からほど近い海の相模湾に大量に回遊するため、港から程わずかなポイントで手軽に釣れてしまうんです。
ちなみに釣れるマグロはキハダ。キハダは南方系のマグロで、今までは関東よりも関西や九州、沖縄でよく釣られていました。つまり関東の釣り人にとっては垂涎のターゲットであったのです。

狙い方はエビングという方法。エビングとは日本で唯一の職業釣り師である村越正海氏が確立したマグロの釣り方で、メタルジグをオモリの代わりにしたストレート天秤の先に付けたワームでマグロを掛けます。仕掛けは誰でも組めるほど簡単にも関わらず、驚くほどの釣果が上げられることで知られています。

さて、このエビングは縦の釣り。船の真下に回遊するマグロを狙うので、シーズン序盤よりも、オキアミのコマセが解禁になる8月に入ってからのほうが有利。コマセに寄ってきたマグロを狙いやすくなるからです。

さて、仕掛けを真下に沈めて竿をシャクってシャクって魚のアタリを引き出します。んが、序盤はどんだけ頑張っても反応がありません。エサでマグロを狙っている方々にも反応なし。そこで小休止。マグロの回遊を待ちます。

しばらくするとマグロが回遊し始めたようなので、わたしも戦闘再開。シャクリ始めるとすぐに竿が海へと突っ込むような強烈なアタリ。ガッチリと合わせを入れると、とんでもない引きが手元に伝わります。ギュイーンと鳴くリール、一気に50m近く走られたようです。

なんとか強烈な引きをいなしながらやりとりしていると、もう汗だくです。腕がパンパンに張ってしまうほどの引きをなんとか受け止めようやく水面へと引き上げたマグロは20kg超! これがもう10kg大きい30kgクラスだったら、もう参ったしていたでしょう(笑)。本当に楽しい釣りができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>