相棒を見ながらおまわりさんのイメージと結びつかない

ドラマの感想っていったら、相棒あれ面白いみたいですね。
ドラマって見ないので、と言ったら何なんだという感じですけど。

水谷豊さんの演技が面白いけど、内容が今一ああそう、で終わってしまう辺り、フィクションが好きではない性格だなと思っています。
とはいえ、水谷豊さんって人気ありますよね。
昼のだれる時間帯に、親父がみやねやって書き方忘れましたが、昼の三文番組を見ているのですが、これよりは良いです。
週刊誌ネタを取り上げて、評論家が好き勝手に言っているだけではないかと思います。
それを聞きながら昼寝をする親父。
平凡というか、やや生活水準が下がっている気はします。うちですよ。

昔から刑事ものって何が良いのかよく分からないですね。鉄砲の打ち合いとか、怖いし、第一刑事がヒーローというものが何だか全然作り過ぎです。
交番に立っているおじさん、おまわりさん。
ってイメージですので、あの人たちが、いきなり、銃を持って打ち始めたら怖いけど、それの方が面白いでしょう。

相棒だと、とにかく謎解きが多いですね。
そうかそういう考えなのかとは思いますが、シナリオを如何にも悟ったかのように話す演技に感服です。
あれを水谷さんが自分で考えたら頭いいでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>