ジュリアンで腕の脱毛体験

わたしは過去からムダ毛が悩みです。

ちなみに10代の頃からコンプレックスに感じているのが腕です。

やはり夏は猛暑になりますので、さすがに長袖ではきつく、常に半袖になることから黒い毛の状態が気になります。

カミソリで剃るのは実践してみたことがありますけど、より毛の質が濃くなることから「エステサロン」を利用することを考えました。

そこで契約してみたのが「ジュリアン」というサロンです。

こちらは、茨城県の大みか店です。

初回のカウンセリングのときからスタッフさんの対応が良く、フラッシュ脱毛の説明が分かりやすかったので契約しました。

気になる料金についても、(10回)で21,000円ですし、手の甲や指の部位を含めてオーダーメイドのプランが可能です。

はじめに毛が薄くなったと感じたのは腕です。

分かりやすく言うと、薄くなったのではなく、毛の質が細くなったという感じです。

カミソリで自己処理をしていたころは、剃るたびに太くなるのがコンプレックスだったので良かったと思っています。

また「ジュリアン」に関しては、会員制のサロンということもあり、美白のフェイシャルやリンパ系のダイエットなどもリーズナブルな料金で受けられるのがメリットです。

茨城ではジュリアンがおすすめですが、近くのおすすめサロンを探すのは難しいかもしれません。
たとえば大阪の難波地区で脱毛するならどこがいいのかな?と思っても、なかなか答えはでません。

まったく土地勘のない場所ではどこがいいのかわからないのです。
土地勘だけあっても、サロンに関して無知であれば、もちろんどこがいいかもわかりません。

難波で脱毛サロンを探すのなら「難波 脱毛」とかで検索します。
それで検索して見つけた「難波の脱毛ならココ!」ってサイトはなかなか信頼できそうです。

一度、みなさんも近くのサロンを探してみてください。

犬猫のたらたらした会話

うちの野良が、雨と空腹でにゃんにゃん鳴いていましたから、なでなでしてあげましたよ。
その後、愛犬まるとの確執で争うという。
まあ犬と猫というのは、よく騒ぐものですね。

うちのトリマーさんから帰ってくると、大体、排泄の色が濃かったり、興奮していたら、急に寝たりとなってしまいます。
きれいに切ってくれればいいのですけど、大体丸刈りですね。
で、男の子まで耳飾りという。股間を見れ、という話です。書きながらどうでもいいのですがね。

犬ってチョコとか玉ねぎだとかで、アレルギーを起こす犬もいるようですね。
そうなると、医療費がかかってしまうのが、親父の悩みの種のようです。
困ったものだと、つくづく思います。

毛が伸びないという点では、猫だよなーと思います。柱を掻いたり、昔の猫はノミやダニ、究極の所、変なものをくわえてきました。
まあ分かっていればいいのですが、親がある日見たらネズミとヘビをくわえてきた時は、かなり大変だったらしいです。
押入れに逃げるドラえもん状態だったようですよ。自分小さかったので、よく覚えていないのですが、それが本当なのはうろ覚えですが、覚えています。

まあ小動物って、愛情を注ぐと本当に可愛いものです。周りは犬派ですが、僕は猫派なんですよね。どうでもいいですか。

秦野のオトちゃんのウルトラマンネタ

ガンダム人気って今凄いんでしょうかね。
昔からやってますよね。僕はよさが分からないのですけどね。

実は、ウルトラマンオタクという人がいました。秦野のオトちゃんです。余り良い思い出ではないのですが、秦野のオトちゃんは、仕事はWEB関係で、ウルトラマンと、洋楽なら負けないという人でした。
何で嫌な思い出かというと、DV女から聞いている話がほとんどだからです。
絶対遠隔的に情報が捻じ曲げられて伝わっています。

とはいえ、本人はウルトラマンオタクを誇示していました。
日本の特撮もののファンって多いですね。僕は全く分からないですし、そもそも中身を感じてなかった気がします。
偉そうなと思われるのですが、その時代に読書を勧められ、本を読みふけっていたので、特撮より読書の方が頭の肥やしになるという全く理由になっていないプライドがありました。

オトちゃんは、よく足柄の山に向かってスペシウム光線とやっていたのだとか。
ああ、DV女の呪縛から解き放たれたいと思う日々です。
ガンダムは、うちの親の周りでかなりのファンがいます。とにかくロボットものも分からないですけどね。因みにコンボイは好きでした。
最近新しいコンボイがやるのでしょうかね。乗り物の合体ものって意識せずに面白いと思っていたガキの頃でしたね。

湘南沖でマグロをゲット!

ここ数年の夏場の楽しみといえばマグロ釣り! 夏になるとなんと30kgクラスのマグロが、首都圏からほど近い海の相模湾に大量に回遊するため、港から程わずかなポイントで手軽に釣れてしまうんです。
ちなみに釣れるマグロはキハダ。キハダは南方系のマグロで、今までは関東よりも関西や九州、沖縄でよく釣られていました。つまり関東の釣り人にとっては垂涎のターゲットであったのです。

狙い方はエビングという方法。エビングとは日本で唯一の職業釣り師である村越正海氏が確立したマグロの釣り方で、メタルジグをオモリの代わりにしたストレート天秤の先に付けたワームでマグロを掛けます。仕掛けは誰でも組めるほど簡単にも関わらず、驚くほどの釣果が上げられることで知られています。

さて、このエビングは縦の釣り。船の真下に回遊するマグロを狙うので、シーズン序盤よりも、オキアミのコマセが解禁になる8月に入ってからのほうが有利。コマセに寄ってきたマグロを狙いやすくなるからです。

さて、仕掛けを真下に沈めて竿をシャクってシャクって魚のアタリを引き出します。んが、序盤はどんだけ頑張っても反応がありません。エサでマグロを狙っている方々にも反応なし。そこで小休止。マグロの回遊を待ちます。

しばらくするとマグロが回遊し始めたようなので、わたしも戦闘再開。シャクリ始めるとすぐに竿が海へと突っ込むような強烈なアタリ。ガッチリと合わせを入れると、とんでもない引きが手元に伝わります。ギュイーンと鳴くリール、一気に50m近く走られたようです。

なんとか強烈な引きをいなしながらやりとりしていると、もう汗だくです。腕がパンパンに張ってしまうほどの引きをなんとか受け止めようやく水面へと引き上げたマグロは20kg超! これがもう10kg大きい30kgクラスだったら、もう参ったしていたでしょう(笑)。本当に楽しい釣りができました。

歌詞について色々思います

猫も杓子もフォークギターという言葉を、70年代が青春時代だった人からよく聞きます。
岬巡りとか、なごりゆきがーとかあの辺の人達ですね。
因みに、なんであの頃の歌詞って、語尾にです、ってつくんでしょうね。

ゆきがふるんです、とかあさになるんです、とかそういう歌詞が妙に気になってはいました。まあその当時の流行りといえばそれまででしょうけど。
八十年代から、今のような歌詞になってきたのでしょうか。

結構演歌の歌詞が好きです。後、月光仮面の歌詞とかですね。
月光仮面のおじさんは誰でしょうとか、何か歌声が微妙にモノラルっぽく古いので、確かに不気味な気はします。誰なんでしょうか。
演歌だと、みんな同じに見えてしまいます。ストレートに取ると何を言いたいのかさっぱり分からないという事です。
何となくわかるけど、具体的に説明しないと、よく分からないのが演歌の歌詞ですよね。川の流れのようにこの身を、って泳いでいたいのか、流されていたいだけなのかというくらいセンスがないのですけどね。

アニソン歌詞と演歌の歌詞って、やはり真向から違うものなのですね。
この前、サンダーバードという、誰が見ても古い人形のドラマがやっていましたが、歌声が何だかかっこよかった。言いたい事も分かりやすかったですし。

相棒を見ながらおまわりさんのイメージと結びつかない

ドラマの感想っていったら、相棒あれ面白いみたいですね。
ドラマって見ないので、と言ったら何なんだという感じですけど。

水谷豊さんの演技が面白いけど、内容が今一ああそう、で終わってしまう辺り、フィクションが好きではない性格だなと思っています。
とはいえ、水谷豊さんって人気ありますよね。
昼のだれる時間帯に、親父がみやねやって書き方忘れましたが、昼の三文番組を見ているのですが、これよりは良いです。
週刊誌ネタを取り上げて、評論家が好き勝手に言っているだけではないかと思います。
それを聞きながら昼寝をする親父。
平凡というか、やや生活水準が下がっている気はします。うちですよ。

昔から刑事ものって何が良いのかよく分からないですね。鉄砲の打ち合いとか、怖いし、第一刑事がヒーローというものが何だか全然作り過ぎです。
交番に立っているおじさん、おまわりさん。
ってイメージですので、あの人たちが、いきなり、銃を持って打ち始めたら怖いけど、それの方が面白いでしょう。

相棒だと、とにかく謎解きが多いですね。
そうかそういう考えなのかとは思いますが、シナリオを如何にも悟ったかのように話す演技に感服です。
あれを水谷さんが自分で考えたら頭いいでしょうね。

フィッシングとかされたらいやですね

2019年にジャンク技術を覚えようと思いました。金巡りとしても、丁度良いのです。
てのが、書道学校を調べてみると、やはり三年であったり、水墨画にしても4年で師範って結構長いんですよね。
まあ、その期間内に金を貯めこんでおくというのはメリットではあります。

金というと、凄く気になっているのですが、フィッシングとかあるじゃないですか。
凄く信頼させて恩を売ってから、さり気なく、自分のカードの番号を教えたりして、こちらを聞いてくる、という事が物理的に不可能ではないのですよね。
DV女が典型でして、何となくフリーメールのパスワードを聞いてきて、ああこうこうだよと教えたら、全て中を見られていたという話がありました。
本当に書いている自分が心配されそうな話ですが、大丈夫かっていうなら、あのDV女と全く関係ない所に行きたいとつくづく思います。

嘘が上手い人についていったら嘘ばかりつかれます。
正直で裏表なくて穏やかな人の方が良いと思いますよ。世の中にはミステリーな人が好きだとか色々ですけどね。

普通の人というのに八年間付き合ってないのです。びっくりと思われそうですが、自己愛とかの人とつるんでいる奴は、大概似た傾向なんですよ。
なので嘘をついたり、つるんで騙してきたりします。
だから対人関係は丸ごと放棄して、新しい人生を歩んだ方が絶対に良いのですよね。