フィッシングとかされたらいやですね

2019年にジャンク技術を覚えようと思いました。金巡りとしても、丁度良いのです。
てのが、書道学校を調べてみると、やはり三年であったり、水墨画にしても4年で師範って結構長いんですよね。
まあ、その期間内に金を貯めこんでおくというのはメリットではあります。

金というと、凄く気になっているのですが、フィッシングとかあるじゃないですか。
凄く信頼させて恩を売ってから、さり気なく、自分のカードの番号を教えたりして、こちらを聞いてくる、という事が物理的に不可能ではないのですよね。
DV女が典型でして、何となくフリーメールのパスワードを聞いてきて、ああこうこうだよと教えたら、全て中を見られていたという話がありました。
本当に書いている自分が心配されそうな話ですが、大丈夫かっていうなら、あのDV女と全く関係ない所に行きたいとつくづく思います。

嘘が上手い人についていったら嘘ばかりつかれます。
正直で裏表なくて穏やかな人の方が良いと思いますよ。世の中にはミステリーな人が好きだとか色々ですけどね。

普通の人というのに八年間付き合ってないのです。びっくりと思われそうですが、自己愛とかの人とつるんでいる奴は、大概似た傾向なんですよ。
なので嘘をついたり、つるんで騙してきたりします。
だから対人関係は丸ごと放棄して、新しい人生を歩んだ方が絶対に良いのですよね。

のんびり自宅ワークのはずが…

ネットで副業を始めてから働いていた頃よりも夜遅くまで作業するようになり
なおかつやることが非常に増えて仕事していたころよりも疲れる日々が続いている。

まず、副業としてはじめたネットオークションでの
不用品の出品、我が家は家が狭い割には
ものが多く、出品するものは結構たくさんあって
使ってないバックや靴やおもちゃなどどんどん出品した。
出品したら売れたのでそれはそれでうれしいのだが
ほぼ毎日のように落札があり、毎日郵便局に向かう日々が
続いている。荷造りもしなければならずこの
労働分を含めるとおそらくオークションで落札された
金額以上の対価になるだろうと思われる。
その間に噂を聞きつけた祖父祖母が家計の足しにしろと
自分たちの家の要らないものをわざわざ我が家に持ってきてきてくれる。
祖父と祖母はオークションに出品するのを改札に切符を通すくらい簡単な
作業だと思っているらしい。実際にはもっと手間がかかるのだが。

オークションの荷造りが終わると、
クライアントに提案するためのキャラクターデザインや
チラシのデザインなどを始める。
これを副業の主軸にもっていきたいので
実績を上げるためにいろんなコンペに応募しようと画策するのであるが
今のところ二日に1件くらいが限界である。
デザインをする、絵を描くという作業は1時間でぽんとできることも
あるのだが、たいていの場合2~3時間かかってしまう。
コンペで選ばれなければもちろん報酬ももらえないし
実れば大きいが実らないときは疲労だけが大きい。

なのでその穴を埋めるためにウェブの記事を
書くことにしているのであるが、300円以上の記事になると
自分が興味にあることでも一つの記事で500文字以上が
普通である。郵便局の送料について500文字以上で書けとなると
にわかに知っていることだけでは埋めることができないので
ネットで調べてまとめる。それでも字数に届かないときは
言い回しを長くしてなんとか字数を埋めるように頭をひねる。
一回の記事でだいたい1500文字、それを一日に3~4件
こなしているけれどこれも結構な労力を必要とする。

おかしいなぁ、もっと家で余裕でパソコンで
仕事を請けている姿を想像していたのに、
何かとやることが多くなって
それなのにお金はそんなたまらず…
これでも続けていればいつか花開く
時がやってくるのだろうか?
とりあえず、今はこつこつやっていくしかない。